ブラックリストキャッシングについてのサイト
キャッシング
〜ブラックでも借りられるのか〜

■メニュー
ブラックリストの情報を
確認してみる


個人信用情報機関とは

総量規制とは
どういった規制なのか


闇金融を見分ける

お金を借りる
=借金を抱える事
というのを再認識する


ブラックリストは
どこにある?


ブラックリストの情報は
消せるのか


申込みブラック

キャッシング申込みで
嘘をついてはいけない


パートやアルバイトでも
キャッシングは出来る




■ブラックリストはどこにある?
ブラックリストと聞くと要注意人物の情報がずらりと並んでいるような
あやしい物を想像してしまいがちですが
金融業界にブラックリストと言う名前のリストがあるわけではありません。

クレジットカードやローンを利用してお金を借りると
信用取引に関する契約内容や利用残高、 返済や支払いの状況など
顧客である消費者の客観的な情報が信用情報機関に記録されます。

信用機関は客観的な情報をクレジット会社や消費者金融など、
会員会社に提供する事で、消費者とクレジット会社や消費者金融の
健全な信用取引を支えています。

返済が滞ったり、破産などの『事故』が起こった場合も
客観的な消費者の情報として記録されます。
クレジット会社や消費者金融にとっては
入るはずのお金が 不確定になったり、消えてしまう事になり
まさしく『事故』と呼べるものですね。
俗に ブラックリストに「載った」「登録された」というのは
この事故の情報が信用情報機関に記録されたことを指します。


『事故』の情報がある場合、
クレジット会社や金融機関の信用を失う事になりますので
新たにお金を借りる事が出来ません。
しかし、一定期間を過ぎると事故の記録は無くなりますので
新たにローンを組む事も借入れをする事も出来るようになります。


情報


自己破産した場合5〜10年、
予定日より3ヵ月以上支払いが遅れた場合5年間で事故の記録は残ります。
過払い金請求・任意整理や特定調停・個人再生なども5年間記録が残ります。

ブラックリストとはあくまで 『個人の金融機関情報』です。
新たな借入れが出来なくなりますが
銀行や金融機関に勤めていないかぎり、
勤務先や資格などに 影響を与えるわけではありません。



        Copyright(C)  キャッシング〜ブラックでも借りられるのか〜 All Rights Reserved