ブラックリストキャッシングについてのサイト
キャッシング
〜ブラックでも借りられるのか〜

■メニュー
ブラックリストの情報を
確認してみる


個人信用情報機関とは

総量規制とは
どういった規制なのか


闇金融を見分ける

お金を借りる
=借金を抱える事
というのを再認識する


ブラックリストは
どこにある?


ブラックリストの情報は
消せるのか


申込みブラック

キャッシング申込みで
嘘をついてはいけない


パートやアルバイトでも
キャッシングは出来る




■個人信用情報機関とは
個人信用情報機関とは、いわゆるブラックリストと呼ばれる
金融に関する事故情報を登録している機関です。

貸金業者はこの個人信用情報機関に加盟しているので、
ここに登録されている情報を基に、貸し付けを行っても大丈夫なのか、
返済能力があるのかを確認する事ができます。

ブラックリストに載ると、その情報は5〜10年残ると言われていて、
その記録があるとキャッシングや住宅ローンの契約が難しくなります。

たとえ、滞納していた分を返済期日が過ぎて少したってから
全額返済したとしても、ブラックリストに載った事実は削除できません。

お金を借りる場合、キャッシングに申し込んだ後に審査がありますが、
その審査に通らない場合はブラックとなっている可能性があります。
心当たりがないか、自分でも再確認してみましょう。
稀に、同姓同名の人がブラックなのに自分がブラックとなっている場合も
あるそうです。

キーボードとノート

個人信用情報機関には、主に3つの会社があります。

【 株式会社日本信用情報機構(JICC)】
 銀行・消費者金融・信販会社等が加盟。
【 株式会社シー・アイ・シー(CIC)】
 クレジットカード会社・信販会社等が加盟。
【 全国銀行個人信用情報センター 】
 銀行・信用金庫等が加盟。

ブラックリスト(事故情報)として記録が残る期間は、
それぞれのパターンによって違います。

【 5年 】
 任意整理、過払い金請求、特定調停、個人再生、3ヶ月滞納
【 7〜10年 】
 自己破産

ブラックとなると、少なくともその期間は
新たにお金を借り入れる事はできません。

○○万円支払ってもらえればブラックリストの情報を削除します、
といった詐欺まであるそうですが、もちろん実際にはそういった事は
できませんし、そんな話は存在しません!



        Copyright(C)  キャッシング〜ブラックでも借りられるのか〜 All Rights Reserved