ブラックリストキャッシングについてのサイト
キャッシング
〜ブラックでも借りられるのか〜

■メニュー
ブラックリストの情報を
確認してみる


個人信用情報機関とは

総量規制とは
どういった規制なのか


闇金融を見分ける

お金を借りる
=借金を抱える事
というのを再認識する


ブラックリストは
どこにある?


ブラックリストの情報は
消せるのか


申込みブラック

キャッシング申込みで
嘘をついてはいけない


パートやアルバイトでも
キャッシングは出来る




■キャッシング申込みで嘘をついてはいけない

当りまえですが 、キャッシング申込みをする時に
虚偽記載をしてはいけません。

始めて利用する際、キャッシング会社を利用する事に
抵抗感や怖さを感じる人も多い事だと思います。
電話番号や住所を少し変えてみたり、
勤めている会社の名前を偽ったりしてはいけません。

キャッシング会社の立場で考えてみれば
嘘をつくような人を信用する事が出来ません、
間違いなく審査は通らないでしょう。
キャッシング業者によって審査の基準は違いますが
返済が出来ると信用されれば審査に通ります。

場合によっては、 始めてキャッシングを利用する人よりも、
他社で少額の借り入れをしていていても
滞納したことが無い人ならば
返済の実績があり信用性が高いと判断され
審査が通りやすい事もあるくらいです。

審査基準は各業者違いますが
ほとんどの業者では、まず
年収や勤務年数や住居など含めたものから 融資できるか判断します。
これまでに滞納や破産などを行っていないか
信用情報機関のデータからブラックでない事を確認します。
そして最後に申込みの自宅に住んでいるか
勤務先に在籍しているかの確認を取ります。

在宅や勤務先の確認は
「○○と申しますが△△さんはいらっしゃいますか?」など
キャッシングとはわからないように電話をかけますので
会社にバレる心配はないですが、 キャッシング経験者なら
会社に自分の会社名を告げずに取次の電話をかけてくることで
ピンとくる人もいるかもしれませんね。
配慮してくれるキャッシング業者であれば
男性(又は女性)で確認を取って欲しいと要望を聞いてくれる事もあります。

電話


お金を買りた事が他にばれる事は、
「あの会社で借りるとばれる」などの口コミが広がれば
キャッシング会社の信用も落ちる事になりますから
ばれないように気を使った対応を取っているはずです。

審査は返済能力があるか、きちんと返済してくれる人かどうか
信用性を審査するものです。
虚偽記載をすればその信用はありませんから
審査に通る事は無いでしょう。



        Copyright(C)  キャッシング〜ブラックでも借りられるのか〜 All Rights Reserved