ブラックリストキャッシングについてのサイト
キャッシング
〜ブラックでも借りられるのか〜

■メニュー
ブラックリストの情報を
確認してみる


個人信用情報機関とは

総量規制とは
どういった規制なのか


闇金融を見分ける

お金を借りる
=借金を抱える事
というのを再認識する


ブラックリストは
どこにある?


ブラックリストの情報は
消せるのか


申込みブラック

キャッシング申込みで
嘘をついてはいけない


パートやアルバイトでも
キャッシングは出来る




■申込みブラック
消費者金融などの借り入れをして、返済期限を過ぎ
3ヶ月滞納してしまうとブラックリストに載ってしまい
新たに借り入れが出来なくなってしまいます。
返済の遅れや破産などの記録が信用情報機関の
個人情報に加わる為、返済の信用性が疑われる為です。

しかし、個人信用情報機関の情報は金融機関全体で
一つの情報を共有しているわけではありません。
滞納をしたことがあったとしても
その情報は通常5年程で消去され
新たに借り入れをする事が出来ます。
5年も待てないと言う人は個人信用情報機関が異なっている
カード会社やローン会社を選べば借り入れできます。

注意しておかなければならないのは
短期間に複数の申込み契約を行った場合です。
短期間に3社以上で借入れの申し込みをすると
多重債務者になる可能性が高い事から
金融業者は返済の信用性が低いと判断し
例え過去に返済の滞納などが無かったとしても
「申込みブラック」と判断し
貸し付けの審査が通らない事があります。

カード審査イメージ

個人信用情報機関には貸し付けの契約をしていなくても
申し込み審査の記録が残ります。
申込み情報は通常半年たてば消去されますので
複数申し込みをする際には半年以上間をあけて
申し込みした方が良いでしょう。

何度も審査の記録があれば、
過去に何もなかったとしても 要注意人物扱いされ、
審査の基準が上がってしまい、通りにくくなります。



        Copyright(C)  キャッシング〜ブラックでも借りられるのか〜 All Rights Reserved